島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

くのまゆの管楽器通信vol.8

みなさん、こんにちは!久野(くのまゆ)です!!!前回の更新から2ヶ月ほど…(!)お久しぶりですね。
最近の久野はドラクエ11にハマっております。ゲームって時間を忘れて熱中しちゃいますよね~。

あ、ブログは忘れたわけじゃないですよ!!!!

まず前回のフルート編はこちらから!
nagoya-m.shimablo.com

今回はトランペットお手入れ編をお届けします~。

■トランペットお手入れ編
お手入れの写真じゃないじゃん!って思った方・・・そっと心の中でとどめておいてください。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170807150507j:plain
簡単に手順をまとめると・・・

①管内の水分をしっかり取る!(抜き差し管など)
②オイル、グリス等をさす。
③クロスで拭き上げる。
④マウスピースを洗う。

です!前回までのお手入れ編は木管楽器だったので、手順が結構変わってきますね!
まずはお手入れに必要なアイテムをご紹介です(*^▽^*)

◆お手入れに必要なもの
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803194036j:plain
①ガーゼ
②クリーニングロッド
③バルブオイル
④クロス
⑤スライドグリス
が今回必要になります!

●ガーゼ
大き目のガーゼがオススメ!
今回用意したのはYAMAHAのポリシングガーゼL(30㎝×100㎝)です。

●クリーニングロッド
必ずトランペット専用のものを使いましょう!
このクリーニングロッドにガーゼを巻いてトランペット管内の水分を取ります!


ガーゼとクリーニングロッドは組み合わせて使います。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803194148j:plain
クリーニングロッドにガーゼを巻き付けてお掃除棒を作ります。お掃除棒の作り方はフルートお手入れ編でもご紹介していますので、是非チェックしてみてください♪

①管内の水分をしっかり取る
これは一番大事なお手入れです!水分が長時間残ったままだと錆びたり、腐食が進行してしまう恐れがあるのです・・・!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203641j:plain
まずは↑こんな感じで主管、1番、2番、3番の抜差し管を抜いて、溜まった水分を抜きます・・・が!!
この時に注意していただきたいことがあります!!

それぞれの管を抜くときですが、そのまま抜こうとすると抜けにくく衝撃が大きいため、ポンッ!!と勢いよく抜けてしまうのでぶつけたり・・・なんてことも(;O;)そこで・・・

f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203706j:plain
1番抜き差し管を抜くときには1番のピストンを押しながら抜く、2番抜き差し管を抜くときには2番ピストンを押しながら抜く・・・と同じ番号のピストンを押しながら抜きます!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203733j:plain
↑こんな感じです!
押していないと、その管への空気の流れが出来ないため、抜けにくくなり、そのまま抜くと衝撃が大きくなってしまうのでぶつけたりする原因にもなります。注意しましょう!

抜差し管を抜いたら本体の水分も取ります。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203806j:plain
ここでお掃除棒の登場です!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203817j:plain
このお掃除棒で本体に残っている水分を取ってあげます。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170807114952j:plain
マウスピースレシーバーから主管まで(矢印の範囲です)のお掃除棒が届かない長い管は・・・

f:id:shima_c_nagoya-m:20170806164344j:plain
トランペット専用のスワブがあるのでこちらを使って通してあげます。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203754j:plain
こんな感じです!ちなみに抜き差し管にも使えますので、一緒に通してあげましょう~。
あ!スワブ詰まる可能性があるので、しっかり広げて使ってくださいね!

②オイル、グリス等をさす。
抜差し管、ピストンの動きが悪くならないようにオイル等はこまめにさしてあげましょう。
※オイルをさしすぎてベタベタもよくないと思うので、様子をみてさしてくださいね。
オイルのさしかたはトランペット組み立て編の時にご紹介していますので、今回は省略させていただきます。
nagoya-m.shimablo.com

◆グリスを塗る。
グリスは主に主管、1番管、2番管の抜き差し管に塗ります。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203833j:plain
スティックタイプのグリスの場合は直接塗るか・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203844j:plain
指でのばすのもオススメです♪

★ちなみに3番管は演奏中に操作する管なので、スルスル~と動きをよくないとだめなので…
f:id:shima_c_nagoya-m:20170807145308j:plain
写真撮り忘れてしまったのですが、チューニングスライドオイルという専用のオイルを使います。
2、3滴さして、しっかりと馴染ませます。
1番管にトリガー(指をかけるとこと)がついてる楽器には1番管にもチューニングスライドオイルをさしてあげましょう!


③クロスで拭き上げる。
トランペットは指紋がかなり目立ちやすいですし、汗などが付着したままだと変色しやすいので演奏後は必ずクロスで拭いてあげましょう♪
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203902j:plain
ふきふき('ω')ノ
f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203911j:plain
細かいところもしっかり拭いてあげて・・・本体はこれでばっちりです!

④マウスピースを洗う。
最後にマウスピースです!マウスピースは水洗いでも大丈夫ですが、専用のマウスピースクリーナーもあるので、こちらをスプレーすると汚れも取りやすいです♪
f:id:shima_c_nagoya-m:20170806164547j:plain    f:id:shima_c_nagoya-m:20170803203917j:plain

洗ったら水分を拭き取って・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170806164401j:plain
マウスピース専用のスワブを通してあげます。あとは軽く拭き上げたら綺麗になると思います!

■まとめ
お手入れ編いかがだったでしょうか!楽器を長く使っていただけるポイントは、このお手入れをいかに丁寧に行えるかにかかっています!分からない部分、こういう場合はどうしたら・・・等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

今回でひとまず、お手入れ編はラストでした!次回の更新は今月中を予定していますのでお楽しみに(宣言したので、絶対あげます。笑)

内容は秘密・・・ということで、楽しみにお待ちくださいませ( `ー´)ノ


島村楽器 名古屋みなと店のTwitterができました!!
イベント、商品情報など役立つ情報を配信していきますので、是非フォローしてくださいね♪
twitter.com

●トランペット吹きさんにオススメページ
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp


●在庫情報ページ
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp


●プロフィール
f:id:shima_c_nagoya-m:20170217161831j:plain

投稿者 久野 万祐子(くの まゆこ)
プロフィール 通称:くのまゆ。中学から吹奏楽部でクラリネットを始めました。その後、管楽器リペアの学校で楽器の奏法、修理などを学んできました。ボカロが好きで、歌い手さんのライブにも行ってます!管楽器メンテナンスのお悩みなどお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらまで

店舗名 島村楽器イオンモール名古屋みなと店
電話番号 052-659-2563
担当 久野(くの)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.