読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

くのまゆの管楽器通信vol.6

みなさん、こんにちは!久野です!!!
今日からゴールデンウィークの方も多いのではないでしょうか?天気も良さそうなので、色々なところにおでかけして楽しんでくださいね~(^▽^)/

さて、くのまゆブログ前回はクラリネットお手入れ編でスタートしましたが、今回はサックス編をお送りします!!
■サックスお手入れ編
練習後・演奏後にはしっかりお手入れをしてあげましょう!今回はケースに入れるまでをお送りします!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428182549j:plain


簡単に手順をまとめると・・・
スワブを通して管内の水分をとってあげる。
クリーニングペーパーを使って、タンポについている水分をとる。
クロスで全体を拭きあげる。(指紋などををしっかりとる。)

・・・と大まかな流れは前回のクラリネットと同じです。
nagoya-m.shimablo.com


まずは、お手入れアイテムを紹介します!

●お手入れに必要なもの
スワブ、クリーニングペーパー、クロスが必要になります。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428175133j:plain
スワブは本体用とは別に、ネック用(マウスピース用と同じでOK)を用意しましょう!
クリーニングペーパークロス木管楽器共通のアイテムです。種類もさまざまなので、色々選んでみてくださいね~。

スワブを通して管内の水分をとってあげる。
それではお手入れスタートです!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428175547j:plain
サックスはスワブを通す際、マウスピースを外して・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428175645j:plain
ネックも外します!

…で、スワブを通しますが

ここで問題です!
スワブを通すとき、どっちから通すでしょう!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428182927j:plain
2番管頭から?ベルから?

f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183019j:plain
正解はBのベルからです!
基本スワブを通すときは管の幅が大きい箇所から通しましょう!

f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183037j:plain
ベルにスワブおもり部分を入れて・・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183236j:plain
管体をしっかり持ってひっくり返します!(とてもシュールな図)
写真見づらくなってしまいましたが、反対側からおもりがついたひもが出てきました。これを2~3回ほど繰り返してあげます。

ネックは、専用のスワブを通します!

★この時のポイント!
ひっくり返す際のポイントです♪
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180043j:plain
ベルに少し布部分を残して、手で掴んでおきながらひっくり返すと通しやすいですよ!試してみてくださいね~♪

★注意ポイント
前回のクラリネット編でもご紹介しましたが、スワブ必ず広げてから通すようにしてください!!!管体にスワブがつまって・・・抜けなくなることも(´;ω;`)
万が一、詰まってしまったら無理に抜こうとせずお店に持っていきましょう♪

②クリーニングペーパーを使って、タンポについている水分をとる。
これも前回のクラリネット編とほぼ同じですね!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170429103446j:plain
キイを押してタンポと管体の間にクリーニングペーパーを挟みます。(ペーパーは一度折りたたんで使いましょう)
f:id:shima_c_nagoya-m:20170429103519j:plain
この状態でパタパタとキイを動かし、水分が出なくなったらOKです!


ここで、今回は新アイテムをご紹介します!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180236j:plain
じゃん!!その名も吸水シート!!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180323j:plain
中には薄い柔らかいシートが数枚と、棒のようなものが入ってますね!
主にシートの方を使っていきます。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180410j:plain
使い方はクリーニングペーパーと同じで、タンポと管体の間に挟んで水分を取ってあげるだけ!
ちなみにこのシート洗って、乾燥させたら何回か使えるんです!楽器にも奏者にも優しい!!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180654j:plain
ちなみに棒タイプはこのように細かい部分の水分を取ってくれます。
私はこれ始めて見た時『消しゴムかな?』って思っていました(笑)

クリーニングペーパー、吸水シートどちらも役割は同じなので、お好みで選んでみてくださいね!

●このお手入れも忘れずに!
意外と忘れがちなお手入れをご紹介します!
◆マウスピースの掃除
基本はスワブで水分を取ってあげるで十分です。あまりスワブを通しすぎると傷つくので要注意です!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170422112445j:plain
綿棒などで優しく掃除するのもオススメです!(※画像はクラリネットマウスピースになります)

マウスピースは口に触れる部分なので、特に綺麗に保ちたいですよね。

・・・ということで、またまた新アイテムの登場!!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428180830j:plain
マウスピースクリーナーです。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170429103816j:plain
その名の通りでございますね、マウスピースを綺麗にしてくれます(笑)
これはスプレータイプになっています。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170429103914j:plain
直接マウスピースにシュッとかけて、あとはクロス、ガーゼ等で優しく拭いてあげると綺麗になりますよ!
マウスピースは非常に傷がつきやすいので、頻繁に掃除しすぎない、力を入れて掃除しすぎないがポイントです。

ジョイントの掃除
ジョイント部分の掃除も忘れないでくださいね!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170429111941j:plain
楽器を拭きあげる用とは別でクロス等用意しましょう。

③クロスで全体を拭きあげる。
いよいよ仕上げです!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183859j:plain
指紋、汚れ等ないか細かくみてクロスで拭きあげます。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183920j:plain
最後はエンドプラグを忘れない様につけて・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170428183948j:plain
ケースに入れたらOKです!楽器を使った後は、丁寧に!綺麗に!片づける。これ楽器を長く使えるポイントです!!!

■まとめ
お手入れ編いかがだったでしょうか!楽器を長く使っていただけるポイントは、このお手入れをいかに丁寧に行えるかにかかっています!分からない部分、こういう場合はどうしたら・・・等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。次回はフルート編をお送り致します。お楽しみに~♪

★ホームページ更新記事

●在庫情報ページ
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp

●サックス オススメ記事!
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp



●プロフィール
f:id:shima_c_nagoya-m:20170217161831j:plain

投稿者 久野 万祐子(くの まゆこ)
プロフィール 通称:くのまゆ。中学から吹奏楽部でクラリネットを始めました。その後、管楽器リペアの学校で楽器の奏法、修理などを学んできました。ボカロが好きで、歌い手さんのライブにも行ってます!管楽器メンテナンスのお悩みなどお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらまで

店舗名 島村楽器イオンモール名古屋みなと店
電話番号 052-659-2563
担当 久野(くの)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.