島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

くのまゆの管楽器通信vol.4

みなさん、こんにちは!久野です!!!
最近の嬉しいことは、トランペットの展示数が少し増えたことです。
嬉しくて写真を撮りました(にやにや)
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330193950j:plain
ちなみに下の左3本はプラスチックなんですよ~!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330211412j:plain
さりげなく写り込む久野。
・・・ということで、今回はトランペット編です!

前回はフルート編でした!よかったらご覧くださいね(^^♪
nagoya-m.shimablo.com

f:id:shima_c_nagoya-m:20170330194459j:plain
超花形の楽器ですね。かっこいい!とにかく目立つ!!
吹奏楽部に所属した当初久野がやりたかった楽器でもあります。(知らんがな)

●トランペット組み立て
それではさっそく組み立ててみましょう!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195333j:plain
マウスピースを片手に持って・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330205752j:plain
マウスピースを本体にさして・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195503j:plain
完成です!!!!
はやっっっっっ!!!
・・・というくだりをずっとしたくて、うずうずしていました。
ちなみにブログを見てくださっている方からも、このくだりやってとご要望もありましたので(笑)

さすがにこれだけでは終わりませんよ!!!

トランペットには演奏前にオイルをさしてあげるという準備がありますよ~。

●まずはトランペット各部分の名称から!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170329172349j:plain
主要部分にチェックしてみました。

◆ピストンバルブ
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330211857j:plain
指で操作して音を変えるパーツですね。
この画像見るだけで、指で押したくなりません?なりますよね??
◆主管抜差管
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195633j:plain
基本のチューニング(音合わせ)で音程を調整する管です。音程が高い場合に抜くと音程が下がります。
◆1番管抜差管
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330205211j:plain
◆3番管抜差管
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330205332j:plain
この2本は指をかけられるようリングなどがついているのですが、これは演奏中にも操作出来る様にです。

★これは覚えておきましょう
トランペットは7種の指使いだけ全ての音階を作りださなければならないので、倍音や指使いによって音程が悪い音があります。
音程が低い場合は、演奏者が自らの唇で上げてやらなければなりませんが、高い場合には1、3番管を抜くことで音程を下げることができます!(これを演奏中に行います!)

◆2番管
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195905j:plain
この管は演奏中に抜差しすることはありません。



●オイルのさし方
演奏前に必要なオイルのさし方をご紹介します!
トランペットのピストンは、隙間から空気が漏れないように非常に精密に出来ています。ちょっとした汚れなどの影響で動きにむらが出てしまい、演奏が困難になってしまいます。

演奏前には必ず専用のバルブオイルを注して、ピストンのスムーズな動きが長持ちするようにしましょう。

f:id:shima_c_nagoya-m:20170401212058j:plain
これがバルブオイルです!!
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330212547j:plain
このバルブケーシングと言われる部分にピストンが入っています。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195930j:plain
まずバルブケーシングの一番上にあるネジ(笠ネジといいます)を外します。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330200107j:plain
ピストンを途中まで抜き、そのままバルブオイルをピストンの表面に2~3滴注油します。

※注油後はピストンの向き注意してケーシング内に収め、笠ネジを閉めましょう。(最後に説明しますね!)


f:id:shima_c_nagoya-m:20170330200203j:plain
その後ピストンを2~3回上下させ、オイルを馴染ませます。
これでスムーズな動きで演奏する事ができます!

★注意ポイント

f:id:shima_c_nagoya-m:20170330214020j:plain
バルブケーシングにはこのように番号ふってあり・・・
マウスピース側から順番になってます)
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330214209j:plain
同様にピストンにも番号がふってあるので、同じ番号に入れる様にしましょう!
また入れる向きもメーカーごとに違うことがあるので、初めに確認しておくといいですよ!

◆置き方
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330195503j:plain
他の管楽器と同様に安全な場所、机やいすに置いてあげましょう。
ちなみに裏向きに置いてしまうと、2番管が凹んでしまう場合もありますので注意しましょう!
このときに傷つかないようにクロスをひいてあげればバッチリです☆


■番外編~久野のお出かけ~
実は先日、母校の高校にお邪魔してきました!部室のドアを開けると・・・
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330211744j:plain
かなり変形したホルンのベルがさらしものに・・・!
ここまで変形するのはかなり酷いですが、ぶつけて凹んだり、変形すると元には戻りません!形の修正は出来ますが、痕も残りますし、音も変わってしまうので大事にしてあげてくださいね・・・(:_;)


さてさて、今回は後輩ちゃんよりトランペットのとあるパーツを交換したい!というお話を受けてやってきました。あまり交換する機会の少ないパーツだと思いますので、ご紹介しますね!

f:id:shima_c_nagoya-m:20170330213023j:plain
この部分です。
ちなみにBACHのトランペットです!
(学校って感じの写真ですね。笑)
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330212922j:plain
3番管トリガーのストッパー軸というパーツですね。(ふーん…って感じで見てもらえばOKです☆)
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330213253j:plain
このパーツを固定しているのが六角のネジなので、六角レンチを用意します。
f:id:shima_c_nagoya-m:20170330213359j:plain
傷つかないようにゆるめて、新しいパーツに交換するだけです!

これからも大事に使ってくださいね~(*^▽^*)♪

◆まとめ
トランペット編いかがだったでしょうか?
少しでも興味を持ったら、まずは触れてみることをオススメします!!久野が名古屋みなと店にてお待ちしてますよ!!!

そして、なんと基本の組み立て編は今回で最後でした・・・!
でも、ご安心ください!
次回からはお手入れ編をお届けします♪お楽しみに!



★ホームページ更新記事

●在庫情報ページ
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp

●トランペット オススメ情報!
www.shimamura.co.jp
www.shimamura.co.jp


●プロフィール
f:id:shima_c_nagoya-m:20170217161831j:plain

投稿者 久野 万祐子
プロフィール 中学から吹奏楽部でクラリネットを始めました。その後、管楽器リペアの学校で楽器の奏法、修理などを学んできました。ボカロが好きで、歌い手さんのライブにも行ってます!管楽器メンテナンスのお悩みなどお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせはこちらまで

店舗名 島村楽器イオンモール名古屋みなと店
電話番号 052-659-2563
担当 久野(くの)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.