読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

6月4日更新 名古屋港店HOT LINE 2012 6月3日ライブレポート

お知らせ・その他

どうも 6月3日「HOT LINE 2012店ライブオーディション」担当の藤倉です。

これぞ名古屋港店ライブイベント!!

開場が揺れ、観客が叫ぶ、当日MC「有馬」が声を枯らす「8組のミュージシャンによる奇跡の1日」。

ライブレポートスタートです。

スタート直前の開場内はアグレッシブなお客様で溢れる…一歩手前。とはいえ最前列は即埋まり状態、会場内アナウンスでどんどん増える観客。

15:00を少し過ぎたくらいで会場内人口密度急上昇。そして狂乱のライブ(+MC有馬のフルテンションステージ)スタート!!

画像

ちなみに、今年も名古屋港店ライブ恒例の「ミナトコール発生」→「有馬コールにチェンジ」→この時点で会場内が怒号の嵐。

Young Needle Crisis

「有馬コール」を誘発させた原因でもある4人組ロックバンドの激しさ極まりないパフォーマンスは観客を常にジャンプさせる。ステージ内の台に乗る、狭いながら走り回る、回転する、そしてやっぱりジャンプ。いきなりの大汗タイムでした。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

Heavy Fence

独特のスタイルと美しいメロディで知られる3人組ロックバンド。こちらも「有馬コール」を投げかけ再発生!!流れるように楽曲が始まる、観客はテンションを保ちながら美メロを耳に取り込んでいたことでしょう。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雅~382~

普段はバンド。今回は弾き語りスタイル。とはいえ、最初の1音で観客の想像を吹き飛ばす「激スラップ奏法」。弱冠16歳ながら貫禄たっぷりな存在感は、観客から大きな拍手を大発生させました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

friendpull

お客様に楽しんでいただく+港店スタッフにも楽しんでいただく、そんな雰囲気がメンバーの笑顔から感じられました。バラード演奏時の各メンバーの演奏技術の高さは、安心感たっぷりで、「その雰囲気」をじっくり堪能させて頂きました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小百合

メンバー構成(女性×3人、男性×1人)から男性が目立つ気がする…と思った観客の予想を見事に裏切る「アグレッシブシャウト女性Vo」ロックバンド。MCとパフォーマンスの「まるで計算されつくしているかのような」ギャップ感がとにかく魅力的でした。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

DUSKLUNAR

会場の空気感を一瞬で制御し、存在感抜群のメロディアス低音Voからちょこざいなビート感の楽曲を放出。「男子が好むクールなロック」の5人組バンドのパフォーマンスは、観客の両手を元気良く挙げさせて大歓声発生で終了。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

HANDS UP

中部ファイナル出場時に演奏された「シングルカットクラス大人気曲」からスタートの3人組ポップロックバンドのパフォーマンスは、貫禄と3人の印象的な演奏スタイルから目が離せなくなる中毒性の高さ。観客手拍子が非常に多かったです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ハイスピードタートルズ

ライブ経験が少ない点をまったく感じさせない良質なパフォーマンスは、観客の頭を小刻みに振らせ、こぶしを挙げさせ、声を出させる。楽しそうな表情が幸せな雰囲気をばら撒く→「自分もこんな風にライブしたい」と感じた人は何人かいたのではないでしょうか。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

この日の観客投票数トップは「HANDS UP

画像

名古屋港店HOT LINE 2012店ライブオーディションの1発目はどうでしたか?キラーバンドが揃いに揃ったこの日。観客数も多く、大盛り上がりの1日でした。

画像

いろいろひっくるめて「本当にありがとうございました!!

次回予定は6月10日、詳細は確定次第店頭やブログでお伝えします。

ではまた。

藤倉

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.