島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

お待たせしました。3月13日「LIVE at BAY」ライブリポート

名古屋港店人気バンドが集結したこの日の「LIVE at BAY」

この日は、名古屋港店に来店された方々、スタジオ練習に来られた方々、ライブを見に来た方々、そして当日出演者の方々全てを巻き込んだ怒涛の1日でした。

というわけでライブリポートスタートです。

「chomo-RUN」

Voの交代という衝撃的な状況を不安に感じさせない立ち振る舞いから流れるようにライブスタート。

シンバルアタックが正確極まりないDrを軸に、適度に観客を煽りポジティブな空気をふりまくGtとBa。

001

002

そして注目のVo。高音域の安定感が驚異的で、エモーショナルなメロディ・歌詞部分ではその表情とあいまって観客に「ふわっ」と届けてくる「激しさ・かわいさ」。楽器隊3人の絶対的安心感を感じました。

003

ラストの曲のクオリティは名曲の予感。


「friendpull」

メンバー全員がフレキシブルな音域を持つという「希有」なバンド。この日も「誰が歌うのか楽しみ」という「いつものバンドキャラクター」を保ちながらスタート。

004

005

自分が歌うからこその責任感、メンバーが歌うからこその安心感、ふたつの「心意気」が一致した瞬間の音の美しさが印象的なパフォーマンスでした。

006

バンドの心臓部分でもある「安定したフレージング」のKeyはこの日も絶好調(だと感じました)


「ヘビーフェンス」

名古屋港店人気バンドのパフォーマンスは、あいかわらず手数の多いテクニカルDr、エモーショナルなフレーズと声のGt&Vo。

007

008

Baが不在という状況でも、決してパフォーマンスの質を落とさない姿勢と、「独特な世界観と衣装だけで活動しているわけではない!!」という意識は、この日のお客様にはしっかり伝わったと思います。

009

「ダニエル・ドライブ」

圧倒的存在感とアクティブパフォーマンス、さらには考え抜かれたキメフレーズの応酬等、見所の塊なロックバンド。

010

011

いつも通り観客を巻き込み、この日はさらに「対バンの出演者達」をうならせ、名古屋港代表経験を持つバンドの貫禄はさすがの一言。

012

MCと連動するかのようなメッセージを含む定番曲は、一部お客様の目頭を熱くさせたことでしょう。


「Accent color」

静と動を意識したフレーズのタメが絶妙なリードギターがこの日のピークタイムを呼び寄せました。

013

014

まずは定番曲のライブアレンジでファンのドキドキを上昇させ、畳み掛けるように時折見せるメンバーの笑顔で魔力的に観客に存在感を浸透させる。

015

曲の始まりと終わりに沸き起こる拍手の多さは、名古屋港人気バンドの中でトップクラス。


「Young Needle Crisis」

出演3回目にして「何か」を掴んだであろう4人。

016

017

名古屋港Aスタジオは、「こうすれば自分達だけでなくお客様も連動して楽しんでもらえる」という感情を規定時間めいっぱい放出!!

018

笑顔・声援・拍手・回転(?)がフロア中で巻き起こり、良い意味での阿鼻叫喚具合。

観客の皆さんは絶対感じたはず…「もう一度見たい」と。


そして集合写真。

019

出演者の方々と話し合い「今大変な状況の全ての方々に送るメッセージ」としてこのような形を取らせて頂きました。

今回のライブリポートに関して、アップすることが遅れてしまい、関係者の皆様、いつもシマブロを楽しみにしてくださってる皆様、本当にすみませんでした。

これから始まる「HOT LINE 2011」の情報は頻繁にアップするように心がけますのでこれからもブログチェックを宜しくお願いします。

藤倉

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.