島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

お待たせしました。7/20ライブリポートです。

皆さんお元気ですか?本格的に暑くなってきましたが、体調崩してませんか?

では、ライブレポート始めます。…今回は濃いめの文章です…

百戦錬磨の『BLACK LIST』さんは今回もメンバーが変わってます。Voが変われば演奏曲も変わる。

20080724-P1000848.JPG

機材を把握し、会場を把握し、少し経ってからお客様の雰囲気も把握する。

20080724-P1000849.jpg

「安定感抜群」という言葉は上記の点を常に意識している『BLACK LIST』さんのようなバンドの事をいうのではないでしょうか

20080724-P1000850.jpg

 

 

 

『いけざうぇい』さんの注目点は「パワフルなドラム」だと思います。フロント3人がパフォーマンスしやすい環境を維持しつつ、随所で主張する。温かさを感じました。

20080724-P1000853.jpg

20080724-P1000855.jpg

「お客様への笑顔」の爽やかさも印象的で高感度も高く、これからの活動も気になるバンドの一つです。

20080724-P1000858.jpg

 

  

  

ノイジーなGtと畳み掛けるDrが印象的な2人組み『Waveman』のパフォーマンスは、一瞬「カオティックな雰囲気」を感じますが、2人のアイコンタクトのタイミングを見つけると

20080724-P1000859.jpg

「もっと激しく」という不思議な感覚が生まれます。

20080724-1P1000862.JPG

20080724-2P1000863.JPG

足元のエフェクターのランプが光るたびに新しい音空間が展開され、次は何をやるのか見入ってしまいます。

  

 

 

みなと店ライブで定番の『Nomadic』さんは、ポップな中に見え隠れする「プログレッシブ」なキメフレーズが印象的なバンドです。

20080724-3P1000865.JPG

クールな表情で意外と複雑なフレーズを決めるDr、中音域豊かな声で語りかけるように歌うVo、綿密な構成で楽曲の要となるKey。

20080724-4P1000866.JPG

人柄の良さを感じさせるMCにも、思わず引き込まれてしまいます。

 

 

ポップな楽曲はメンバー全員の卓越した技術からかもし出される。非常に巧みなパフォーマンスを披露してくれた『CHEERIO DONKEY MAN』さん

20080724-5P1000867.JPG

軽やかなGtサウンドと声を包み込むバンド隊のこだわりフレーズは、観客の心にすっと入り込み、からだにはじわっと浸透していく。

20080724-6P1000869.JPG

本当に心地よかったです。

20080720-P1000868.JPG

個人的にはスネアサウンドの安定感に聞き惚れました。

 

 

 

メンバーの能力を完全に把握してまとめ、形にしていく『HANDS UP』さん。

20080724-7P1000870.JPG

歌いながらもリズムのよれがまったく無いDr、強弱感が絶妙で終始笑顔のBa、これぞテレキャスターという歯切れ良いフレーズを的確に放つGt

20080724-8P1000872.JPG

足でトントンとリズムを取りたくなる曲ってずっと聞いていたくなる。

20080724-9P1000873.JPG

そのあたりが『HANDS UP』さんの魅力ではないでしょうか。

 

 

 

トリを務めていただきました『BORAK』さん。

20080724-03P1000882.JPG

聴く体勢、見る体勢を持続させるのが難しいとされるヘヴィロック・ミクスチャー系で、圧倒的存在感と轟音で目線を離させないパフォーマンスは圧巻!!

20080720-P1000881.JPG

フロアをうねらせ、手を上げさせる。

特徴的なVoエフェクトを駆使してステージで暴れまくるVo。連動して激しく動く楽器隊。

20080720-P1000879.JPG

観客全員、忘れられない数分間になったことは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

以上7組のライブリポートでした。

全体を通して『2曲に対する姿勢』に一切の妥協等が見られない全力感を感じました。

 

 

いい汗をかきました。

20080720-P1000885.JPG

出演バンドの皆様。お疲れ様でした

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.