島村楽器 イオンモール名古屋みなと店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋みなと店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

8/19アコギ限定ショップオーディション開催!!

8/19(土)に名古屋みなと店アコースティックギター限定ショップオーディションを開催いたしました。

いつものAスタジオを飛び出し、ショッピングセンター1階の特設ステージをジャックしての年に一度のスペシャルなライブです。

気温33度の中(ベイシティは吹き抜けの為クーラーが効きづらいのです)その暑さをしのぐ、熱いライブをお伝えします。

20060820-syugou2.JPG

8/19(土)に名古屋みなと店アコースティックギター限定ショップオーディションを開催いたしました。

いつものAスタジオを飛び出し、ショッピングセンター1階の特設ステージをジャックしての年に一度のスペシャルなライブです。

気温33度の中(ベイシティは吹き抜けの為クーラーが効きづらいのです)その暑さをしのぐ、熱いライブをお伝えします。

会場はショッピングセンターの1階の中央部分に位置し、通りすがりのお客様にも聴いていただけるという、演奏家としては、非常にオイシイステージであります。

また、吹き抜け構造の為、ナゴヤドームならぬミナトドームで演奏しているかのごとくの

音が味わえるのです。このチャンスを毎年心待ちにされている方もいるとか。

20060820-onnyuu3.JPG20060820-kankyaku.JPG

そんな本日のトップバッターは、男女2人のユニット「音音(neon)」さんです。

本日初ライブとは思えない息ピッタリのお二人の演奏に通りすがりの方もじっと足を止めて、聞き入っていました。

伸びのあるヴォーカルと絡むように融合するギターの旋律からなる「音音」ワールドに皆さん引きつけられていた様です。

ちなみに今回はカバー曲での参加でしたが、「音音」アレンジがされており、ご自分のオリジナルの様に演奏されているのが、印象的でした。

20060820-neon1.JPG20060820-neon4.JPG

2組目は「武内 寛」さんです。

急遽、1週間ほど前に出演を決めていただけました。

実は、数年前から何度も出演をおすすめしていた当店ギター教室の生徒様なのです。

急遽という事で1曲のみの披露となりましたが、ギター1本で奏でる「夜空のムコウ」は圧巻でした。次は、是非弾き語りにチャレンジしたいとの事。

来年のエントリーお持ちしております!!

20060820-take1.JPG20060820-take2.JPG

3組目は名古屋みなと店お馴染み「音友堂」さん。

3年前、このHOT LINEのステージで初ステージを踏んでから、現在の活動があるというなんともスタッフ冥利につきるお二人です。

1階のお客様だけでなく、吹き抜けになっているため、2階3階4階からご覧になられているお客様が最も多かったのが「音友堂」さんのステージでした。合わせると100名はご覧になってました。

お二人の演奏に合わせて、観客のみなさんも手拍子をされ、さらに2階のチビッ子たちからも手拍子が届いていました。まさにライブという盛り上がりを見せてくれました。

20060820-onnyuu1.JPG20060820-onnyuu2.JPG

ライブも中盤にさしかかってまいりました。

4組目は「金子 恵子」さんです。

2組目の武内さん同様、名古屋みなと店ギター教室の生徒様です。

発表会以外で大勢の人の前で弾くのは初めて、という金子さんでしたが、若干緊張されていましたが、見事に押尾コータローさんの「ちいさな輝き」を奏でていただけました。やさしいソロギターのしらべが、酷暑の会場に涼しさをもたらしてくれていました。

20060820-kaneko1.JPG20060820-kaneko2.JPG

そして、本日の大トリは、昨年同様「NT砲」さんです。

見事なギタープレイと熱唱系のヴォーカルにお笑い芸人顔負けのトークという、唯一無二のお二人です。昨年も様々な飛び道具が飛び出しましたが、今年も出ました。

ハーモニカホルダーに鈴をはさんで、ジャンプして鳴らしながら、ギターをかき鳴らす奏法や鈴を手にひっかけたまま、ギターを弾くという離れ業を披露していただけました。

観客の皆さんや他の出演者の方が「次は何か飛び出すのか」と釘付けになっていました。

20060820-nt1.JPG20060820-nt2.JPG

普段のスタジオでのライブとは、少し違った今回のライブいかがでしたか。

次回、遂に名古屋みなと店ショップオーディション最終回です。〈本日開催です〉

お楽しみに。

20060820-syuugou1.JPG

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.